免疫機能を高めるガン治療|腰椎椎間板ヘルニアは治療で撃退|泣きたくなる痛みに別れを

腰椎椎間板ヘルニアは治療で撃退|泣きたくなる痛みに別れを

看護師

免疫機能を高めるガン治療

先生

ガン治療の副作用を軽減

第四のガン治療として注目されているのが免疫療法です。人間には生まれつき免疫機能が備わっており、外部からのウィルスの侵入を防いだり突然変異の細胞をやっつけたりします。この免疫力を高めることによって、ガン細胞の増殖を抑えるのが免疫療法です。従来の放射線や抗ガン剤治療には副作用があります。手術などで体力が衰えている状態でそれらの副作用に襲われるので、患者にとっては非常に負担であり辛いものです。しかし免疫療法を併用すると副作用が軽減する効果が得られます。副作用がないのが免疫療法の特徴です。最近の免疫療法は進化しており、ガン細胞をピンポイントでやっつける治療法も開発されています。ガン治療する場合は免疫療法の実績がある病院を選ぶようにします。

免疫力を高める生活習慣

免疫療法が第四のガン治療と認められるまでに長い時間がかかっています。それは免疫療法には効果のある人と効果のない人がいるという特性があるからです。しかし今では免疫療法の研究が進み、多くの病院で採用されています。最近の研究では、誰でも毎日のようにガン細胞が生まれていることがわかっています。それがガンにならないのは免疫機能が働いてガン細胞をやっつけているからです。このことから、普段の生活習慣がとても大事だということが明らかになっています。免疫力を高める生活を送ることでガンを防ぐことができるのです。もしガンになった場合でも免疫力を高める生活習慣をしていれば、免疫療法も効果を発揮することができます。そのためには免疫力を高める食事をして、有酸素運動をすることが大切です。