乳がんの罹患率と検診|腰椎椎間板ヘルニアは治療で撃退|泣きたくなる痛みに別れを

腰椎椎間板ヘルニアは治療で撃退|泣きたくなる痛みに別れを

看護師

乳がんの罹患率と検診

女性

年代別にみた検診の方法

乳がんの罹患率は10代では限りなく低く、20代前半でも低いのですが、20代後半にそれまでと比べるとやや罹患率が上がり、30代後半から一気にその確率を上げます。乳がん検診の有用性は年代別にみて異なり、30代前半までは比較的罹患率が低いため、一般的に受診率が低く、それほど推奨されていないのが現実です。ただ、若年性乳がん患者が増加傾向にあるため、家系に乳がんになった人がおられる場合自己判断で検査を受けることも奨められています。乳がん検診は40代以上の女性で2年に1回受けると良いと言われ、30代後半から2年に1回受けることを奨めるクリニックもありますが、30代前半までの場合、自己による触診でのチェックでも良いと言われています。

30歳未満の検診

乳がんの罹患率は30代後半から右肩上がりですが、30歳までの女性の場合比較的罹患率が低く、また、乳がん検診を受けた場合に電離放射線の被曝によるDNAのダメージを受けやすいことが予想されるため、あまり推奨されていません。ただ、30代以降の人で乳がん検診を受けた場合、DNAのダメージはほぼないと考えられ、この年齢以降に2年に1度程度の検診を受けることが奨められています。ご家族や親族に乳がん患者がおられる場合、30代まででも乳がん検診を受ける人もおられますが、電離放射線を使わないMRI(磁気共鳴画像診断)を強く奨めるクリニックも多いです。これは実際に欧米の研究でも証明されており、30歳以降と30歳以前とでは電離放射線の影響によるDNAのダメージの影響が異なるという結果が出ています。