腰椎椎間板ヘルニアは治療で撃退|泣きたくなる痛みに別れを

看護師

女性がかかるガン

医者

子宮頸がんは子宮入り口にある、頸部という部署から発生するがんです。定期的に婦人科健診を受けることで、早期発見を目指しましょう。月経や出血に関することで気になる点がある場合は、早めに受診しましょう。

もっと読む

ズキンズキンと痛む腰痛

先生

年齢が上がれば、歩行時や階段利用時に足腰が痛むことがありますが、これは加齢による体の衰えが原因の腰痛です。しばらく経てば痛みが取れたり、湿布薬や痛み止めでスッキリ消えるため、改善できる腰痛でもあります。腰に強い衝撃を受けたり、重い荷物を一気に運んだり、無理な運動を続ける事によって引き起こる腰痛もあります。それが腰椎椎間板ヘルニアであり、保護されていた神経が飛び出るため、ズキンズキンとした痛みが日常的に起こります。腰椎椎間板ヘルニアを発症したら放置するのは避けた方が良く、医療機関を受診して治療を受ける必要があります。受診するのは整形外科で、腰痛の症状や状況、痛みの度合いや抱えている悩みを相談すると、治療計画が立てやすくなります。

腰椎椎間板ヘルニアは、就寝時も起床時も、歩行時も座っている時も痛みが続くため、不快な気分が続きます。この痛みを取り除くには治療しかありませんが、治療にはいくつかの方法があるため、ニーズに合わせて選ぶ事ができます。多くの人が腰椎椎間板ヘルニアの改善に取り組む理由は、きちんとした治療を受ければ、快適な歩みを取り戻せるからです。治療には服薬とブロック注射、外科治療とリハビリがありますが、症状の程度によって行う内容は異なります。服薬は比較的軽度の人が行いますが、どうしても痛みが取れない時に飲む事で、憂鬱な気分から解放されます。ブロック注射は椎間板に直接行う治療ですが、痛みが即座に取れるため、即効性のある方法で評判があります。外科治療は痛みの原因となっている部位を取り除く方法で、リハビリは日頃の動きを見直す事で改善を目指します。

乳がんの罹患率と検診

女性

乳がんの罹患率は年々増加しており、30代以降徐々に罹患率が高くなり、40歳から60歳の患者さんがもっとも多いと言われています。近年では女性の罹患率ナンバーワンとなった乳がんですが、乳がん検診の意味が非常に重要とされています。

もっと読む

免疫機能を高めるガン治療

先生

第四のガン治療といわれるのが免疫療法です。人間が生まれつき持っている免疫機能を高めてがん細胞をやっつけるのです。放射線や抗ガン剤には副作用がありますが、免疫療法で軽減することができます。最近はピンポイントでガン細胞を叩くこともできます。普段から免疫力を高める生活習慣をしていれば治療効果も上がります。

もっと読む